消費者金融のカードローンに申込むと必ず審査を受けることになりますが、審査内容は各業者によって違いがあるため、すべての業者で同じ結果になるとは限りません。ただ、審査方法はどの業者でも自社の基準に基づく審査と、信用情報機関に照会した情報による審査の2段階になっています。 
自社の基準に基づく審査では申込書に記載された利用者の年収や勤務先、雇用形態、勤続年数、住居・家族状況などの属性情報によって利用者の返済能力を判断します。
なお、カードローンの審査に最も求められるのはスピードであるため、消費者金融では「スコアリングシステム」を採り入れています。スコアリングシステムと言うのは、長年の間に蓄積された利用者の情報を属性ごとにグループ分けし、各グループの借入・返済実績などを評価して数値化し、コンピュータに入力したものです。
そして、カードローンの申込を受けた際に利用者の属性情報をコンピュータに入力すると、同じ属性グループと照合されて瞬時に申込者の評価が判定されるため、審査が短時間で終えられます。

信用情報機関の情報による審査

一方、信用情報機関に照会した情報による審査と言うのは、信用情報機関に登録されている利用者の個人情報をチェックして融資の可否を判断するものです。現在では指定信用情報機関制度によってすべての消費者金融が信用情報機関に加盟しているため、カードローンやクレジットカードによるキャッシングなど、利用者の借入における履歴が消費者金融の間で共有できるようになっています。
そして、貸金業法によって利用者の借入や返済の記録はすべて信用情報機関に登録し、且つ利用者から借入の申込を受けた時には必ず、利用者の信用情報を信用情報機関に照会することが義務付けられています。
従って、カードローンの審査の一環として、利用者の信用情報が確認されることになります。仮に、信用情報に年収の3分の1という制限額に近い借入残高の記録があったり、すでに3社以上のカードローンの利用の記録があったり、延滞や債務整理などの返済事故の記録があったりすると、融資不可という決定が下されることになります。